団地のお風呂道

団地のお風呂相談会

団地のお風呂アドバイザーの藤原です。

 

横浜は雨模様ですっかり太陽を忘れてしまいました。

早く太陽に会いたいです~

 

さてみなさんは週末はいかがお過ごしでしたか?

私は六ッ川台団地でお風呂の相談会をしていまして、雨の中たくさんの方に足を運んでいただきました。

本当にありがとうございました!

 

相談会で多かったのは3点。

 

1.お風呂場の床の防水が心配

2.お風呂場のタイルの汚れが落ちない

3.お風呂場のドアが壊れた

 

団地のお風呂の床は建設時に防水を施してありますが、築年数とともに劣化してしまいます。

床のタイルが割れてしまっていたり、排水口まわりにひびがはいってしまたりしているお宅が多いです。

 

タイル目地の汚れやカビは本当にお手入れしにくいですよね。

また汚れかと思っていたら、タイルに細かいひびが入っていたという方もいらっしゃいました。

この目地やひびから湿気が入り、タイルの剥がれの原因になります。

 

お風呂のドアは壊れたり痛んでいる方のほとんどが、ガラス窓のドアです。

阪神淡路の震災後はお風呂場のドアは、ガラスから樹脂に変更になっています。

ガラス窓は重く戸車が痛みやすかったのですが、樹脂製になり軽く開け閉めも楽になってます。

 

こんなお悩みの方は団地のお風呂屋さんまでお気軽にお問合せ下さい!

 

IMG 1901