団地のお風呂道

なぜユニットバスは許可されないんですか?

おふろアドバイザーの藤原です。

 

なぜ公団の分譲住宅の管理組合では、許可が下りない場合があるんですか?

 

当社のチラシやホームページにも、ユニットバスからの水漏れの危険性をうたっています。

 

厳密に言うとユニットバスが水漏れをする訳ではなく、既存の排水管とユニットバスの排水管の接続がしっかりできない事から水漏れの危険があると言う事です。

 

ユニットバスはシステムバスとも言われますが、浴室の大きさが決まっています

 

公団の住宅などの団地には入れられないケースが多いのと、入ったとしてもきゅうくつになります。

 

しかしそれが原因ではなく、公団の住宅などの団地は在来工法と言われるコンクリートでできた浴室にタイルが貼ってあるケースがほとんどです。

(PC工法で建てられた住宅は床が防水パンになっている浴室もありますが・・・)

 

このような構造の浴室の排水口は特殊です。

 

ユニットバスの施工では、床下でこのように既存の排水管とつないでます。

 

CIMG4285

 

CIMG4284

 

既存の排水口に差し込んでシーリングするだけです。

 

業者によっては塩ビ配管でなくフレキシブルホースで接続をしてしまう場合があります。

 

そうなってしまうと定期的に行われる高圧洗浄ができなくなり、余計に水漏れの危険性が高くなります。

 

また、大規模修繕で排水管の更生工事(ライニング工法や排水管の取替え)ができなくなってしまいます。

 

なので管理組合によってはユニットバスの設置許可をしていないところも多いんです。

 

公団住宅などの団地の浴室は、既存の排水口が見える状態でリフォームをする事をお勧め致します。

 

間違いのないように伝えますが、ユニットバス自体は問題ありません。

ユニットバスの排水管の接続が問題なんです。

 

ちなみに掲載している画像は、他社にてユニットバスを施工されたお客さまが、下の階の方に水漏れがあり困っていた為、当社で解体撤去してユニッテリアにて再度リフォームしている画像です。